紹介予定派遣 事業内容

紹介予定派遣とは

求人・求職者双方にメリットがある、注目のシステムです

  • 派遣先と直接雇用を前提に、派遣社員として就業してから、派遣期間終了時

     までの最長6ヶ月間に、派遣先企業と派遣社員双方が合意した場合、
     以降は、派遣先企業と雇用契約を結ぶシステムです

 紹介予定派遣の仕組み イメージ図

 

 


 

  •  派遣可能期間を最大限に利用し、仕事に対する能力・適正を見極めたり

   態度・人柄を見て、直接雇用可能かを総合的に判断できます 


 

 

  •  求職者の方には、派遣社員期間を入れる事で、仕事内容や環境・雰囲気等を

        確認でき、入社前後に持つ様々な不安要素を解消する事が出来ます。


 

紹介予定派遣の仕組み

 

 求人企業様と弊社で求人内容や

    採用条件等の詳細を打ち合わせ 

・ 労働者派遣法2条6号に基づき、

    貴社(派遣先)と弊社(派遣元)の間で

    紹介予定 派遣契約を締結

 弊社求職登録者リストの中より人選

    募集要項に合致する人材を提案します

    (履歴書の送付や事前面接が可能です)

 派遣先企業様へ直接雇用を前提に

    最長6ヶ月間派遣就労を開始

 派遣先企業と派遣労働者双方が合意した

    場合直接雇用へ契約変更

    完了後、紹介手数料を御請求致します

    (雇用形態は社員・契約社員・アルバイト

                等も含まれます)

 

 合意に至らなかった場合は、契約終了

    (派遣期間満了30日以上前までに

                            双方の意思確認が必要)


派遣期間終了までに、派遣労働者を直接


雇用しなかった場合、貴社(派遣先)から弊社
(派遣元)に不採用理由の通知が必要です。

又、派遣労働者が、派遣元に求めた場合、


求めに応じて不採用理由を明示する


必要があります。

 

 

こんなときに

 

・ 適任者を確実に採用したい

 

・ 不本意な採用は避けたい

 

・ 求人関係の経費や労力の無駄を省きたい

 

紹介予定派遣のメリット

 

・  履歴書で選考や事前面接で人選が可能です

 

・  派遣期間中の最長6ヶ月が実質の試用期間です

    この間に直接雇用可能か見極める事ができます

 

・  派遣社員として実務に携わる事で、就職先企業

    に自分がマッチするか判断ができ、雇用の

     ミスマッチを減らし、安定した雇用を築けます

 

・  無駄な経費や労力を省き、必要とする人材を

    効率良く採用できます

 

 

 人材をお探しの企業様はこちら

 

お仕事情報はこちらをご覧下さい